あなたの当たり前と他人の当たり前の違い

あなたの当たり前は、他人にとっての当たり前ではない

『そんなことわかっているよ~』と突っ込まれそうですが、
案外難しいですね。自分の考えが当たり前なので。

こんな事がありました。
ある塾の先生の話です。
京都大学生の塾講師を採用したとき、
塾の先生が半日事務所の留守番をお願いしました。

戻ってきたときに

大学生『先生、電話がずーっと鳴っていましたよ』
先生『えっ。何で電話に出なかったの?』
大学生『??? 電話って出なくちゃいけなかったんですか?』
このやりとりに何を感じますか?

大学生にとって、自宅に電話がなく個々の携帯電話という認識があります。
もし、他人の携帯電話が鳴っても出ることはありません。
個人に電話をしているからです。
その認識が大学生にはあったのです。
固定電話=個人(先生あて)の電話で他人が出るものではない。と
思ったのです。

ですので、事務所の電話が鳴ったら、当然誰かが出るものと思っている先生と
電話=個人への要件として(プライベート)と思って出ない大学生の実話です。

このように世代間ギャップのあたりまえという常識はないのです。
そのために、私達は相手に伝わったかどうかを確認することが必要です。
または、理解度を確認することが求められています。

コミュニケーションギャップを防ぐために言葉の確認も大事です。

それと同じでHRパーソナル診断は
個々の当たり前の違いを確認するツールになります。

知らない人に出会うとワクワクするという人もいれば
知らない人に出会うと緊張で眠れない。
この違いを埋めることって難しいものです。

相手と自分の当たり前を視覚化するのが個性診断
上司・部下
親子、夫婦、あらゆる関係の課題を浮き彫りにします。

関連記事

  1. 残席5 1月27日の講座必見です。

  2. 8月9日(木)CQアドバイザー勉強会

  3. 【満員御礼】10月20日会話セミナー行われました。

  4. オンラインでできます。各種診断

  5. 大切な基本姿勢を忘れない~人は感情で動く~

  6. 子供から学ぶ~失敗してもいいんだよ~