「どちらでもいい。」は信用されない

「どちらでもいい。」は信頼されない

人生はいつも選択です。
AかBか。右か左か。

たとえば、AかBかと聞かれたときに
「どちらでもいい」と言われると
どうでもいいと感じます。

本当にどちらでもいいんです・・・

と思って言っても
質問した相手からは、あなたの考えのなさや
質問に対しての真剣さが伝わらず
結果、信頼されなくなってくるのです。

こいつはしっかりしている。

そう感じるのは
選択の時に迷わないから

もし、選択が間違ってもいいのです。

まずは、判断力をつけること。
そして、できるだけ回答は短い時間で答えてみましょう。

ACS個性診断では判断力のあるタイプは
”創造性が高い人”もしくは”尊重性が低い人”
システム(藤田くん)

彼はおとなしいけど、判断力があり信頼されています。

関連記事

  1. 6月23日(土)自分の活かし方講座(12個性診断付)

  2. 3月4日(日)個性とは何か?個性はどのようにうまれたか

  3. 6月8日(土)東京☆ベーシックアドバイザー養成講座

  4. 9月8日開催「子供に関わる大人のための会話力講座~自主性を育…

  5. いつもニコニコの笑顔でも

  6. 社長インタビューを取材しました。