コミュニケーション

116_9747341

コミュニケーション
製造業の個性診断の研修に行ってまいりました。
ものづくり日本の未来を支える管理職たちです。

製造業は元々会話力の少ない人が多く
ある日突然
機械相手から人相手にかわるためとまどう人が多いのです。

どんなに高い技術があっても
それを伝える力、相手を動かす力がなければ意味がない。

共感型コミュニケーションを実施することで
相手の気持ちを理解しようという姿勢をつくります。

テクニックに走りがちな会話。

本当に大事なのは、自分の意見を主張する前に
相手が知りたいこと、望んでいることは何か
気持ちを理解することで、相手に聞く姿勢を創ります。

考えが違っても、相手の立場を理解しようとする姿勢があって
はじめて、本音の対話が生まれてきます。

本音で対話ができないと

本当の課題が見つかりません。

関連記事

  1. 人的資源の可能性

  2. 年末年始も可能な限りカウンセリング受付中

  3. プレゼン力を磨く

  4. 8月17日 1日で学べる個性診断アドバイザー

  5. ストレス耐性シート好評です。

  6. 気持ちの良い会社で新年の個性分析講座スタートしました。