時代が変化しても人間の根本は変わらない

環境の状況や時代の流れで大きく変化をとげる中
人間そのものについては、昔と少しも変わらない。

人間は生まれて死ぬし、愛情や善悪や幸不幸に対する感情も
昔とは根本的に変わらない。

感じがよいと思う店

感じが悪いと思う店

それらを感じる人間の心は、いつの時代でも同じです。
特にBtoC の仕事。

ヒトを相手にしている仕事は、お客様への心配り、
接し方、人間関係の築き方にいたるまで、細かい配慮をする。

ところが、こちら側は
「不景気だ、客が少ない」
「ろくな客がこない」など、言って嘆いている

客商売のほとんどが、不特定多数の流動する客を相手にしている
しっかり、お客様に合わせたサービスを売る姿勢が大切にせず
「しつこくつきまとう店員」
「小ばかにした冷たい対応をするブランドショップ店員」
「イヤそうな対応をする店員」などなど

自分中心に考えて、せっかくお客様を逃していることがある
imageCA6ZJD74
社長がどんなに顧客志向であっても
お客様にせっする一人ひとりの社員が
社長の意思表現を表せなかったら意味があません。

同じ店、同じ価格、同じ商品でも
売る人によって成果が違うのは

お客様に対する姿勢が違うことが大きな違いだったりするのです。

関連記事

  1. 5月 アドバイザー講座終了しました。

  2. 6月4日(土)3名限定☆14時より個別相談を行います。

  3. 人的資源の可能性

  4. 管理職研修を実施しました。

  5. 物流ニッポンの記事でご紹介されました

  6. お家で診断★ACS個性診断体験モニター募集!