コミュニケーションギャップの原因

コミュニケーションギャップの原因

私たちが喧嘩になったり、言い合いになったりする根本的な理由は
私の常識と相手の常識の違い
私のあたりまえと相手の当たり前の違いが原因です。

会話2

なぜなら、人は「自分中心のものの考え方」で判断するのです。
「他人の立場でものを考えよう」といわれますが、それぞれ
育った環境や経験、立場の違い、年齢や性別なども影響しますので
当然きちんと伝わっていないと思って発言をすることです。

ある事を伝えたとき、1人目は、よくて70% 
1人目から2人目へ伝えることで50%まで、
本来の内容の意図がつたわっていないと言われます。

それなのに「伝わっているという幻想」です。

「伝えたこと=伝わったこと」と思い込んでしまい。
ついつい、「伝えた」つもりがわかっていないと
「何度言ったらわかるんだ!」とキレてしまうのです。

また、相手はあなたの言ったことを
どれだけ本当に理解しているのでしょう?

「私はあなたの発言を理解しています」ということを
どうやって証明しているのでしょうか?

それらを解決するためにお互いに
「あなを理解していますよ」
「あなたの言っていることを評価していますよ」

という確認作業がお互いに必要なのです。

特に聞く側が

「あなたの言っていることは、つまり○○っていうことですよね。」

当たり前ですが、もう一度口に出して確認する。
自分の言葉で確認する。

そして、発信する側も

「伝わっていないかもしれない」という気持ちで
相手に確認させる作業が必要になります。

同じ内容を伝えても、
個人により伝わり方・感じ方・重要度などが違うのです。

それを少しでも防ぐために
お互いに「あなたを理解していますよ」
「あなたの考え方を評価していますよ」

関連記事

  1. 個性分析を語る①会話性・交流性

  2. 人的資源の可能性

  3. 8月17日 1日で学べる個性診断アドバイザー

  4. 【オンライン】共感力セミナー

  5. 【満員御礼】10月20日会話セミナー行われました。

  6. 2月3月の個別無料相談