「正解」よりも大切なもの

「正解」を出すことよりも大事なこと。

大学までの試験やいろいろな資格試験は、いかに正解を出すか
を考え学んできましたが、社会人になってから
「正解」ってないな。と思うことがしばしばあります。

お客様相手に仕事をすることで
一般論的な正解はすぐに出すことができても
目の前のお客様が”納得”するのは、とても難しい。
正解が出せても、納得させなければ意味がない。
逆に言えば、正解でなくても、お客様が納得すれば関係は深まる。

いろいろなセミナーや講師の方、コンサルトの方に出会って
正解を押し付けようとする人が多かったことに気が付きました
もちろん、それも1つの方法であり、大事なことだと知ってます。

私の仕事は何?と問いながら

”目の前の人に、気づきを与え、元気になってもらうこと”

と感じています。

例えば
「今までうまくいかなかったのは、そうい事だったのか
もう一度やってみたら、なんかうまくいく気がする。」
「こういうやり方でチャレンジしてみたら、うまくいく気がする。」
「不安だったけど、やってみようと思う気持ちになった」など

そのためにも、相手の気持ちに寄り添い、経営者や人事の想いに寄り添い
温かく、時には厳しく伴走できるサポーターであり続けたい

関連記事

  1. 1月21日(土)和田式診断カウンセラー代理店講習会

  2. 2月20日(水)DHサポートオリジナルベーシックアドバイザー…

  3. 12月2日は社労士の日

  4. 9月21日(土)無料☆個性分析相談会(個別)

  5. 終了しました。和田式診断☆岡山で実施予定!!

  6. 6月8日(土)東京☆ベーシックアドバイザー養成講座